弁護士賠償責任保険

<特長1>
「弁護士業務」の賠償事故だけでなく、「受託物(貨紙幣類・有価証券を除きます。)」や「事務所の所有、使用、管理」「弁護士業務以外の弁護士資格を保有していることで行う業務」に起因して第三者に身体障害・財物損壊を与えたことによる賠償事故も補償します。
<特長2>
2020年7月1日保険始期からは、頻発するサイバー攻撃や情報漏えいまたはそのおそれによる賠償金とその原因調査費用に備える「サイバー保険(保険金額:賠償2,000万円/費用200万円)」が自動セットになりました(一部自動セットされない加入型があります。)。
<特長3>
オプションで、高額賠償に備えられる「サイバー保険(上乗せ)」や責任能力のない未成年被後見人の日常生活の賠償責任に起因した被保険者の賠償責任をカバーする「未成年後見賠償責任特約」、弁護士業務・事務所経営に関わる貨紙幣類・有価証券を補償する「ロイヤーズマネーガード」も用意しております。